英語を早期教育で身につけさせる!

幼児の早期教育のメリットとデメリット

MENU

英語を早期教育の問題点とは

早期教育問題点

 

英語を早期教育で覚えさせたいと思うのは親としてはよくあることだと思います。

 

英語はできるだけ小さいうちから取り組んだほうが覚えがいいので、やりたいと思っている方も多いのではないでしょうか。

 

実際にこれからの国際化社会で英語をしゃべれるというのはそれだけでもアドバンテージになります。

 

また現在の義務教育だけで英語をしゃべれるようになる人はほぼいないと言っていいと思うので、それ以外の部分でしっかりと学ばせたいと思うのは当然です。

 

英語の早期教育での問題点としてあげられるのは、語学が混在してしまって日本語の発達が遅れる可能性があるということや、お金をかけて学んでも大人になったら忘れてしまう可能性があるということ、他にはやり方を間違えると英語を嫌うようになってしまうことです。

 

この中で一番致命的なのは「英語を嫌う」ということです。

 

英語を嫌うとそれだけ身につく可能性も低くなり、モチベーションが低くなるので、英語を学ぶ際には致命的になります。

 

この部分だけは絶対に避ける必要があります。

 

英語の早期教育成功のポイント

早期教育成功

 

英語の早期教育で大事になってくるのは、英語に抵抗感を感じさせないことが一番の成功のポイントになります。

 

そのためつめこみ的な教育方法を行わないようにするのが成功のポイントになります。

 

できることならママやパパも一緒に子供と遊び感覚で英語を学ぶようにすると、子どもも楽しみながら英語を学ぶことができるので効果的だと思います。

 

最近では幼児教室とかでも英語専用のクラスが出来たりしていて、それだけ需要が多くなってきているのがよくわかると思います。

 

具体的には小学館のドラキッズなどの幼児教室でも、英語のクラスがありますよね。

 

変わったところだと子供服で有名なミキハウスの幼児教室でも英語クラスができています。

 

ポイントとしては楽しみながら行うことと、それを継続できるようにすることが大事になってきます。

 

継続するためには子供が学ぶことに苦痛だと感じないようにすることが重要になってきます。

 

そのため強制させるようなことは逆効果になるので注意するようにしましょう。