脳でのワーキングメモリーを働かせる場所

幼児の早期教育のメリットとデメリット

MENU

脳でのワーキングメモリーを働かせる場所

ワーキングメモリ

 

脳にあるワーキングメモリは一時的に記憶すると言う働きをする領域になっています。

 

ワーキングメモリは脳の10野を働かせるためにも重要な役割を果たしている機関になります。

 

10野も生まれた直後から働きますが、急速に発達し始めるのは5歳くらいからになります。

 

 

ワーキングメモリは46野、さらに真似をしたらい予測したりするときに働く44野を0歳児から鍛えておくと神経回路が丈夫になり10野の発達を促進させるという効果を期待できます。

0歳児から取り組もう!

 

上記を見ても分かるとおり赤ちゃんの脳は0歳児のときから成長をしっかりと続けています。そのためできるだけ早く赤ちゃんの脳に刺激を与えるとそれだけ脳の発達に大きな力を発揮してくれます。

 

知育ではできるだけ早く取り組んだほうがそれだけ効果が高いとされるのはこういった理由があります。

 

当サイトのトップページからさらに詳しいサイトを紹介しているので利用してみてはどうでしょうか。